ウォーターサーバーの電気代を知って上手に節約

自宅でいつでも新鮮な天然水や純水が好きなだけ飲めるウォーターサーバーは、生活をより便利なものへと変えてくれます。しかし多くの人が気にするのがその電気代です。

当然安い方が理想ですが、必要な機能までカットして電気代を節約するのは本末転倒です。

NAVERまとめ情報を厳選して紹介しています。

ウォーターサーバーの電気代はどうなっているのか、理解をした上で節約できるポイントを把握しておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーの情報が豊富です。

まずサーバーの1ヶ月あたりの電気代ですが、最近の機種は節電が自動で行なわれるようになっており、月あたり300円から1,000円程度に収まります。

夜中など誰も使用しない時間帯は自動で節電モードに入る機種を導入すれば、節電のための手間も省けて一石二鳥です。


この1ヶ月あたりの電気代を見ても分かるように、実は電気ポットよりも電気代は安いのが特徴です。


電気ポットの場合は1月電源を入れたままだと、500円から1,500円程度の電気代が掛かってしまいます。

このように特に節電を意識しなくても、ウォーターサーバーの電気代はかなり安いのが特徴です。


そのうえで更に節約するテクニックを活用するともっと電気代を減らせます。

そのテクニックの1つが、温度設定を行うことです。
電気代を多く消費する原因の1つが実は保温のためのヒーターの利用です。

高温のお湯を長い間保温する場合は特に電気代が掛かるので、この温度設定を下げておくと電気代が節約できます。



場合によっては朝などの利用が多い時間帯だけ温度を上げておくといった工夫をすれば、利便性を損なうことなくウォーターサーバーの電気代を節約可能です。